« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月12日 (金)

二重跳び

今日、同じアパートの小学校1年生の女の子が
「二重跳びできるようになったよ!」と
嬉しそうに見せてくれました。

3学期に入って毎日外で練習をしていました。

見事、7回連続で出来ました!

私も小学校1年生の3学期はなわとびに夢中でした。

一つ一つ出来ないことが出来るようになるということは
子どもにとっては、沢山あるけど、大人になってからは
あまりないなーとふと思いました。

子どもって多くが初めての経験で、全てが新鮮です。


「次からつぎへ」
       詩 金子 みすゞ

月夜にかげふみしていると、
「もうおやすみ」とよびにくる。
  (もっとあそぶといいのになあ。)
けれどかえってねていると、
いろんなゆめがみられるよ。

そしていいゆめみていると、
「さあ学校」とおこされる。
  (学校がなければいいのになあ。)
けれど学校へでてみると、
おつれがあるから、おもしろい。

みなでしろ取りしていると、
お鐘が教場へおしこめる。
  (お鐘がなければいいのになあ。)
けれどお話きいてると、
それはやっぱりおもしろい。

ほかの子どももそうかしら、
わたしのように、そうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »