« 家庭菜園 | トップページ | ハートのアイシャドウ »

2009年2月 2日 (月)

春を探しに山口県光市の冠梅園cherryblossomというところへ
行ってきました。

今は咲いている木が2-3割、
つぼみの木7-8割でした。

まだまだ寒いですが、
ふんわりと梅の香りが香って
すこし春を感じました。

冠梅園は、小さな山というか、
丘全体に梅が約2000本植えられ、
その丘からは瀬戸内海waveが一望できます。

そこでみすゞさんの「帆」という詩を思い出したのです。
遠くの舟はキラキラ輝いていました。

ほんとだー!と、ふと思うものです。


「花びらの海」という詩も
社長に教えてもらって
かわいー!と思った詩なので載せてみますheart02

「帆」 詩 金子みすゞ

港に着いたふねのほは、
みんな古びて黒いのに、
はるかのおきをゆくふねは、
光りかがやく白いほばかり。

はるかのおきの、あのふねは、
いつも、港へつかないで、
海とお空のさかいめばかり、
はるかに遠く行くんだよ。

かがやきながら、行くんだよ。


「花びらの海」 詩 金子みすゞ

草屋の軒に花が散る、
丘の上でも花が散る、
日本中に花が散る。

日本中に散る花を、
あつめて海にうかべましょ。

そして静かなくれ方に、
赤いお舟でぎいちらこ、
色とりどりのうつくしい、
お花の波にゆすられて、
とおい沖までまいりましょ。

Ume02_2
Ume01

|

« 家庭菜園 | トップページ | ハートのアイシャドウ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404036/27715753

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 家庭菜園 | トップページ | ハートのアイシャドウ »