« 東京・八重洲にて | トップページ | お祝いを「詩」に込めて »

2008年2月29日 (金)

3月の詩「星とたんぽぽ」

みすゞこれくしょん2008年のカレンダー、3月の詩は「星とたんぽぽ」です。
この詩は、私も金子みすゞさんを好きになるキッカケとなった作品の一つです。

元々、星空を見るのが好きな私には、
この詩の持つ情景描写は郷愁を思わせ、

そして山口の夜空は今もとても美しく、
みすゞさんの見上げていた星空と
どこかで繋がっているのだと、
不思議で切ない気持ちになります。

みすゞさんが「童謡詩人」と呼ばれるゆえんは、
こういうところにあるのでしょうか?


3月の詩「星とたんぽぽ」

青いお空の底ふかく、
海の小石のそのように、
夜がくるまで沈んでる、
昼のお星は眼(め)にみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。

散ってすがれたたんぽぽの、
瓦のすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根は眼(め)にみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬけれどもあるんだよ。




▼ランキング参加してます!良かったらポチッと押して下さいね♪

にほんブログ村 ポエムブログ ことばへ にほんブログ村 雑貨ブログ 和雑貨へ

|

« 東京・八重洲にて | トップページ | お祝いを「詩」に込めて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

北の青空様

コメントありがとうございます!( *´ω`)φ

北海道と山口という、遠く離れた地域が、
切手で繋がったことが
すごく嬉しいですshine

掲示板に写真機能が無くてすいませんcoldsweats02
教えていただいただけでも感激です!!

投稿: 店長イチハラ | 2008年3月19日 (水) 16時49分

今日、郵便局にて切手に、みすゞさんを発見いたしました…
o(^-^)o北海道のはしっこより…。
写真添え付けしたくて撮ったのですが、、。(;_;)載せ方分からなくて、ごめんなさい。

投稿: 北の青空 | 2008年3月15日 (土) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404036/10833924

この記事へのトラックバック一覧です: 3月の詩「星とたんぽぽ」:

« 東京・八重洲にて | トップページ | お祝いを「詩」に込めて »